DNEST -自律飛行制御システム
補助者なしの自律制御ソリューション
DNESTはHEISHA初の即時使用可能な自律飛行制御データ収集システムです。Freesky遠隔制御システムとAmazonクラウドの搭載されるズーム機能の持つDJI  Mavicドローンを媒介として、点検や私有地の俯瞰が操縦者の立ち会いなしにリアルタイムでできます。そのドローンは、HEISHA DNESTのキーボードによるゲーム感覚の遠隔操縦で、自動的に旋回飛行することや、飛行が終わった後でキャビンを閉じて自動充電を行ったりメンテナンスをしたりすることができます。さらにインターネットに接続すれば、長距離飛行も空中俯瞰も可能になるため、私有庭園などの展示がどこでも気楽にできます。また、DNESTは24時間で巡回し、侵入者を空撮して追い出すことができるため、信頼できる「警備員」になります。

DNEST動画
 
DNEST 自動型ドローン基地


DNEST自動巡回・検知システム
DNEST 自動巡回・検知システム


DNESTのコア部品

Freesky制御システム
セキュリティ:すべての飛行ミッションがジオフェンスで実行
リアルタイムのHD映像:数ミリ秒以内の低遅延で実況中継
飛行ミッションが自動的に行われ、ミッションの保存も可能
ゲーム感覚の飛行制御:操縦者による飛行ミッションの遠隔操作にも対応
キーボードとマウスだけで済む遠隔操作で飛行ミッションをより気楽に
指定スポットへの飛行:手動モードでマップに特定のスポットをクリックすれば、指定スポットへのドローンの自律移動が実現
遠隔制御で撮影をワンクリックで
パノラマ: パノラマ写真が遠隔でダウンロード可能


D60自動型ドローン基地の特長
優れた環境適応性:内蔵式温調器で温度を一定に保持できるため、環境温度を問わず作動可能
デザインのモジュール化と統合化:重量がより軽く、メンテナンスも運搬もより便利に
作動状態のフィードバック:モジュールごとに表示される作動状態にもとづき、システム診断が遠隔で実現可能
高い安全性:内蔵式監視カメラでドローンの作動状態をリアルタイムで把握
紛失防止対策:電子ロックでドローンの紛失は心配不要
配置しやすい:サイズがより小さい
防塵:機械伝動と完全密閉のデザイン
安定作動と低騒音:自主開発したK100コントロールモジュールが搭載




DJI Mavic 2(ズーム機能強化版)

最大飛行時間31分
光学2倍ズーム
全方向障害物検知
最大伝送距離10キロの動画伝送
48メガピクセルの高画質
ロスレス4倍FHD動画
高速かつ精密なズーム
三軸メカニカルジンバル
低ノイズデザイン

DNESTドローン自律飛行制御システム―活用事例

農場監視


測量とマッピング


発電所点検


インフラ点検


住宅安全保障


牧場監視

DNESTドローン自律飛行制御システム‐仕様

充電ステーション
ドローン
サイズ(閉じた状態):1037*874*897 mm(L*W*H)
離陸重量: (Mavic 2 Zoom)905g
サイズ(開いた状態):1037*874*510 mm(L*W*H)
サイズ(たたんだ状態):214 × 9 1× 84 mm(L*W*H)
保護等級(耐環境性): ≥ IP54,防水(豪雨レベル)、耐強光、耐腐蝕
サイズ(たたんでいない状態):322 × 242 × 84 mm(L*W*H)
動作環境温度:-20~50℃
対角寸法:354 mm
重量: 75 kg
最大飛行速度(無風):72 km/h
耐湿性: 30%-50% RH
運用限界高度(海抜):6000m
耐久性: ≥50000次
最大飛行時間(無風)31分(25 km/hの一定速度で飛行時)
出力: AVG 400W
最大ホバリング時間(無風):29分
充電時間:45分


ドローン自動充電パッドDPad(工業用強化版)
HEISHAによって開発される第5世代ドローン自動充電パッドDPadは、高い安全性と高品質を誇っています。また、汎用性の高さとデザインの標準化でよりスマートなドローン制御システムの開発に役立ちます。
最新型のコントロールパネルの搭載によって重量の軽減と携帯性の向上を実現する一方で、板金加工技術とガラス繊維の活用によって耐久性が高くなります。
スタンダード型はDJI MavicシリーズとPhantomシリーズに適用できます。なお、お客様のニーズに応じたオーダーメイドも承ります。

DPAD 60:小型ドローン自動充電パッド(充電時間:45分)

DPAD80:中型ドローン自動充電パッド(充電時間:50分)

ドローンの自動離着陸をサポートするデベロッパ向けのハードウェアプラットフォームD80
HEISHAによって開発されるドローンの自動離着陸をサポートするハードウェアプラットフォームD80は、自動充電パッド、充電スタンド、バッテリー、防水蓋、そしてAI コンピューター、リモコンホルダー、ビーコン、監視カメラの内蔵されるT3監視システムボックス、並びにHEISHA簡易版アプリのセットとなっており、充電時間がわずか45分。温調器付きセットも注文可能。
ミニマリズムな工業風スタイルのD80はデザインの統合化を追求しており、また、材料選択、品質向上、サプライヤー管理にもこだわっているため、安定性も耐久性も優れており、高いコスパを誇っています。
HEISHAの製品はオープンプロトコルのため、二次開発においても有効活用できます。

自動充電に対応する大サイズドローン基地D135
HEISHAによって開発されるD135は、DJI M300/M210及びそれに近いサイズのドローンに適用される自動充電に対応するドローン基地です。単軸回転式のデザインに加え、最新型のハードウェアコントロールモジュールK100を搭載しているため、高い安定性が確保されます。また、温調器が内蔵されているため、総合気象観測システムとともに用いられると、工業生産においても活躍します。なお、独立した充電モジュールが組み立てやすく、90分だけで充電完了になります。


お問い合わせ

Please wait...